Pitschen Prinzi

日々のメモ

アンガーマネジメント

って言葉をここのところよく目にするようになった。

 

数カ月前、大切な人との関係ですごく悩んでいて

相手が何をしても怒ってしまうし

自分もどうしてほしいのかよくわからなかった

自分だって悪いけど

相手も悪いに違いないと思っていて

どうすればよくなるのか、

まさに五里霧中といった感じ。

 

考えたことを実践してもうまくいかないときは

とにかく情報を得るに限ると思っているから

その時もさまざまな方向に情報を求めたんだけれど

・アンガーマネジメント

愛着障害

・よそはよそ、うちはうち

・マインドフルネス(瞑想)

…などが自分に必要な情報(考え)だと思った。

 

どれも深く勉強したわけではなく

先人の知恵の上澄みをすくっただけだけど

自分の気持ちを

少しずつコントロールできるようになってきたし

相手の状況や考え方を推測する余裕も出てきた

うまくできなくてイライラしてしまうときも

もちろんある。

 

自分がいい方向に変われば

相手にも自分にも負担がかからなくて

お互いの心を守ることもできると思う

今は結構おだやかな気持ち。

 

毎日新聞で月1回連載している

小池龍之介のつながりの引き算』というコラムも

同じころ読み始めた

「相手にも同じ価値観を求めるからうまくいかない」

「支配して変えようとするのは無理」

ということが書かれていて

本当に毎回心が洗われるのだけども

 

悩んでいた時だったから

「ああ本当にそうだなあ」と思った。

わたしは相手に自分の価値観を押し付けて

そのとおりになってほしかったんだなと。

でもわたしの好きなその人は

その人であるからこそ好きなのに。

 

そうやって自分の心の動きを分析していくことが

怒りをコントロールすること

(アンガーマネジメント)

にも繋がると思うし

よそと比較するからなにかと気になる

比較しなければ相手を変えたいと思うことも減る。

 

自分の怒りはどこからきているのか

自分がどうやって変わればいいのか

自分の気持ちはどうすれば安定するのか

マインドフルネスはたまにしか実践しないけど

その考え方には納得できるところがある。

 

「どうして〇〇な行動をとるのかな」

と考えることは

仕事でも怒りをおさめるのに役立つ

もしかしたら自分の言い方が悪かったのかも

と、原因を考える糸口にもなる

合わない人は合わないけど

前より怒りを引きずらなくなった。

 

今までは

そこまで深く向き合う前に逃げてきたから

いざ大切な人ができてぶつかった時に

どうやって修復すればいいのかわからなかった。

「自分が変わればいいんだよ」って

いろんな人に言われたけれど

なにを変えればいいのかと。

 

答えは結局自分で探すしかない

親や先生にいくらいろんなことを叱られても

自分で気づかなければ最終的には身につかないように。

 

人類は歴史を繰り返すって言うけど

一人の人生の中でさえ何度も繰り返してる

気づいた時になって

「ああやっと気づけたな」って。

それが遅すぎることのないように

常に自分を省みなければならない。