Pitschen Prinzi

日々のメモ

ごめんね

自分に非があると思えば
すぐに謝ることのできる性格だけど
そのぶん近しい人にほど
感情の蓋が緩んでしまう

非がないようにすればいいのに
少しがまんすればいいことなのに
わかってもらえない悲しさの方が
先に走り出してしまう

相手をわかろうとすれば
ちゃんと相手に意識が向いていれば
抑えられることなのではないか
自分は相手を見ていないのではないか

結局わたしだって自分本意な人間で
傷つけられたぶん傷つけているように思うし
相手がそれに気づいていなくても
わたし自身は気づいている

ごめんね

4文字の謝罪に頼って
蓋を緩め続けていたら
とんでもないものを失ってしまうと
わかっているのか